施工事例

エクステリアとは、門柱や門扉・塀・垣根など敷地を囲む構造物のことを言います。家の顔として個性を表現し、建物が景色の中に溶け込んだデザインにする事が理想です。四季折々の植物や樹木が、住む人だけでなく、道行く人々の目も楽しませてくれます。勿論、宅地の造成工事。敷地周りのブロック土留め工事や擁壁工事。カーポートやテラス等のアルミ製品の工事も、合わせて提案しています。

日進市 KO邸

  • 日進市 KO邸
    駐車スペースより玄関へ続く御影石平板のアプローチ。雨が降っても水溜りを歩かなくて済むようになりました。
  • 日進市 KO邸
    玄関前のスペースも御影石平板を使い、アプローチと一体化させ広さを確保。
  • 日進市 KO邸
    ジャワ鉄平石で飛石風苑路。

日進市 KA邸

  • 日進市 KA邸
    庭へ通じるアプローチに既存石を利用。周りは、錆砂利を敷き詰めました。
  • 日進市 KA邸
    ウッドデッキを斜めに配置する事により出来たスペースを、御影石平板のテラスに。
  • 日進市 KA邸
    部屋より眺めた庭の景色です。
  • 日進市 KA邸
    デッキのすぐ脇に、シンボルツリーのアオダモとオトコヨウゾメを植栽。
  • 日進市 KA邸
    隣地との目隠しに、イロハモミジとハイノキ。足元に既存石を敷き、目地には、モリムラマンネングサ。
  • 日進市 KA邸
    葉色の違う三種のヒューケラを寄せ植え。

春日井市 O邸

  • 春日井市 O邸
    ウッドデッキの一角に設けた、シンク台とバーベキュー炉です。

日進市 H邸

  • 日進市 H邸
    ウッドデッキ脇の植栽帯とシンボルツリーの植枡に、ライムストーンを使用。

名古屋市瑞穂区 N邸

  • 名古屋市瑞穂区 N邸
    蜂蜜色をしたコッツストーンで、土留めをした花壇。

清須市 M邸

  • 清須市 M邸
    古い臼を水鉢にして、フォーカルポイントに。アプローチは丹波石のピンコロ。

名古屋市緑区 M邸

  • 名古屋市緑区 M邸
    枝振りの良いシマトネリコを、シンボルツリーに植栽。
  • 名古屋市緑区 M邸
    殺風景な壁面にワイヤーを張り、カロライナジャスミンを誘引。

東海市 M邸

  • 東海市 M邸
    庭へ延びるライムストーンの先には、ジャパニーズ オーナメント。思い切りフォーカルポイントしています。
  • 東海市 M邸
    ライムストーンで作った立水栓。
  • 東海市 M邸
    イロハモミジの株本にはスナゴケを張り、伊勢砂利を敷き詰めた和室前の空間。

春日井市 H邸

  • 春日井市 H邸
    白い壁に黒いレンガと井戸ポンプ、そしてモミジの赤と木々の緑がとても鮮やか。

春日井市 N邸

  • 春日井市 N邸
    耐火レンガで作った優しい色合いの立水栓。
  • 春日井市 N邸
    建物脇に耐火レンガを敷いたアプローチ。背の低いアイアンフェンスが境界を意識させるとともに、植物の背景にもなります。

日進市 S邸

  • 進市 S邸
    耐火レンガの小路が奥のテラスへ続く庭に奥行きを感じさせます。
  • 進市 S邸
    Rを描いた耐火レンガの花壇とインド砂岩のテラス。
  • 進市 S邸
    古い鉢からこぼれ出た砂利で流れを表現、これって枯山水?

豊明市 N邸

  • 豊明市 N邸
    物置も庭の背景となる様に、ウッドフェンスやウッドデッキ・枕木と色を揃えてチョイス。畑作業がしやすい様に、程よい大きさに枕木で苑路を作りました。
  • 豊明市 N邸
    ウッドフェンスに使われている板の幅が二種類あるのがわかりますか?こんなところにもデザイナーのこだわりがあります。

岐阜市 A邸

  • 岐阜市 A邸
    シンボルツリーの影が、既存のウッドデッキに落ちる様に、植栽位置を考慮。 御影石テラスの手前部分は、フリースペースとして利用できます。
  • 岐阜市 A邸
    御影石テラスの一部を坪庭風の植栽スペースとし、実家にあった手水鉢をポイントに利用。

名古屋市 Y邸

  • 名古屋市 Y邸
    庭の中央に、石張りのテラスと耐火レンガの立水栓。
  • 名古屋市 Y邸
    Rのラインが優しい耐火レンガの花壇。
  • 名古屋市 Y邸
    別々に造られていたコンクリートの階段を、砂岩を使った一つのステップにしました。

岡崎市 T邸

  • 岡崎市 T邸
    樹々の間を抜けるアプローチと、パーゴラ付きウッドデッキ。

長久手町 T邸

  • 長久手町 T邸
    サイクルポートを、木製パーゴラで造りました。耐火レンガの立水栓が芝生の緑に映えます。

長久手町 H邸

  • 長久手町 H邸
    シンボルツリーはカツラ。斑入りギンバイカの葉色が、鮮やかです。

名古屋市 N邸

  • 名古屋市 N邸
    玄関脇の狭い花壇に、シマトネリコとカラーリーフプランツを中心に植栽。

豊田市 D医院

  • 豊田市 D医院
    シンボルツリーとなる4.5mのシマトネリコを、渋い茶色のレンガ花壇へ植えました。

知多市 K邸

  • 知多市 K邸
    板石のテラスへ、砂岩のアプローチが誘う。
  • 知多市 K邸
    大谷石の立水栓と、いぶしレンガの台にガーデンライト。
  • 知多市 K邸
    駐車スペースとの境に、ウッドフェンスを設置。 シンボルツリーはヤマボウシ。

清須市 F邸

  • 清須市 F邸
    玄関ドアを開けると、中庭の景色が飛び込んできます。植物がよく見える様に、コッツストーンで土留めをして高くしたところに植えました。背面は枕木を建てて、スクリーンにしてあります。

名古屋市 M邸

  • 名古屋市 M邸
    三方から見る事のできる中庭なので、背面をウッドフェンスで目隠しし、立水栓を印象的なフォルムに仕上げました。

  • フロントガーデンの立水栓です。シンプルな形ですが、フォーカルポイントとして十分な存在です。

長久手町 M邸

  • 長久手町 M邸
    和室の前にエゴノキを目隠しとして植え、株本の、ウツギ,シモツケ,メギ等がカラーリーフとしても楽しめます。

名古屋市 K邸

  • 名古屋市 K邸
    苑路として、飛石風にインド砂岩を使いました。掃出し窓からは、枕木のステップで庭に出ることができます。
  • 名古屋市 K邸
    形式ばらないナチュラルな庭をイメージしました。ススキやタンポポまでも植えてあります。
  • 名古屋市 K邸
    庭の排水も考慮してあり、集水マスがゴロタ石の下に隠されています。手前の赤い実はハナミズキです。

ページの先頭に戻る