モデルガーデン

Natural Modern

ナチュラルモダンをテーマに、ひとつひとつの素材や形にこだわり、約5m×12mのスペースに様々なシーンが展開されるように、レイアウト・デザインしました。決して広くない庭の利用法として参考になる部分も多いと思います。植栽した樹木は、イロハモミジ・ナツハゼ・リョウブ・ハイノキ・アオダモ・クロソヨゴ・ジュンベリー・ヒメシャリンバイ・ハクサンボクなど。

  • モダンガーデン
    門扉を設けない事により、広く開放感のある門周り。それでいて、インターホン・ポストを曲面に描いた門塀の道路側に設置する事により、誰もが庭先まで入って来る事を防ぐ。
  • モダンガーデン
    玄関へ続くアプローチが和室の前を通るので、目隠しに砂岩で出来た石柱を建て、奥にモミジとソヨゴを植栽。
  • モダンガーデン
    アプローチには、明るい色調の石でスウェーデンの石畳を再現。
    植栽帯で隔てられた駐車スペースには、黒い砕石を敷き詰めた。
  • モダンガーデン
    アプローチを抜けるとガーデンスペースが広がります。
    変形に作られたウッドデッキが、床面にリズムと景色に奥行きを感じさせます。
  • モダンガーデン
    デッキ手前の植栽により、程よく視線を遮りながらデッキライフを楽しめます。
  • モダンガーデン
    ウッドデッキは、マクセラムデッキを使用しています。 マクセラムデッキとは、木材細胞にフェノール樹脂を含浸した床材と、マイトレックACQ加圧注入を施した構造材で作られたウッドデッキです。
  • モダンガーデン
    デッキより庭を眺めると、シンボルツリーのモミジの雄大さに目を奪われます。
    庭の床石は、ポルフィーノと言う乱尺の石材を使い、落ち着いた雰囲気にしています。
  • モダンガーデン
    地表を覆うコケや、周りを囲む雑木を中心とした樹々が、森の中にいる様な錯覚さえ感じさせます。
  • モダンガーデン
    地表を覆うコケや、周りを囲む雑木を中心とした樹々が、森の中にいる様な錯覚さえ感じさせます。
  • モダンガーデン
    ウッドデッキ上部に作られたバルコニーは、物干しスペースとして使用することで庭がスッキリします。それだけでなく、子供の遊び場だったり、星空を眺めたりと多目的に利用できます。
  • モダンガーデン
    床板を全面に張るのではなく、1階リビングの採光を考慮し半透明のFRPグレーチングを使用。
  • モダンガーデン
    建物のブルーとの相性を考え、グレーで塗装。張り出した垂木が印象的になるように、パーゴラ風のデザインを取り入れました。

ページの先頭に戻る

2004 ナゴヤフラワーショー 12人の庭

シンプルでモダンなエクステリア・ガーデンの提案

床,壁といった大きな面積を占める部分に、無彩色のトーンを使うことにより、木々や草花の緑をいっそう引き立たせ、尚且つ、デザインガラスと壷の鮮やかなブルーの色が、アクセントカラーになるようにした。

  • 2004 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    シンボルツリーのカツラが真ん中に植えられ、左右のスペースを程よく隔てると共に、全体に安定感を与えている。
  • 2004 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    圧迫感が和らぐ様に透かしたブロックを使用。アプローチの距離を長くとり、目先の景色が変わる様にレイアウト。
  • 2004 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    アプローチは、ヨーロッパの道路で使われていた石を使用。歴史を重ねて磨り減った風合いが、深い表情をかもし出している。
  • 2004 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    石畳を抜けると、サルスベリの枝越しに水音と共に、昔懐かしい井戸ポンプが目に飛び込んでくる。この庭一番のフォーカルポイントである。
  • 2004 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    広がったスペースには、グリーンモアと呼ばれるヨークストーンを使用。ブルーグレーの色合いが落ち着いた空間を創っている。
  • 2004 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    正面の壁内から、照明で照らされたデザインガラスと、壁から持ち出された板石の階段が、遊び心を感じさせる。
  • 2004 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    コテで仕上げた壁面に、井戸ポンプとサルスベリの枝の影が、幻想的に映し出されている。
  • 2004 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    デザインガラスと階段のアップです。
    黒い花器に植えたのは小手毬。
  • 2004 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    可愛らしいダンコウバイの葉。
    根鉢を割栗石で覆ってみました。

ページの先頭に戻る

2002 ナゴヤフラワーショー 12人の庭

人の五感に訴え掛けるガーデンの提案

塗り壁のアーチ、ウッドフェンス、レンガの壁泉、枕木のデッキを配し、実の成る樹木を数多く植込み、視覚,聴覚,嗅覚,味覚,触覚で楽しむことを、テーマとしました。

  • 2002 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    アーチ、壁泉、ウッドフェンスを設置後、枕木のデッキを作製中。
  • 2002 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    あたりが暗くなって来ましたが、もう少し頑張ります。
  • 2002 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    植木が搬入されたところです。
  • 2002 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    位置を決めて、向きを見ながら植えていきます。
  • 2002 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    コテでラフに仕上げられたアーチが、庭の景色を隠し、奥へ延びるカーブした苑路が、人々の期待感を高まらせてくれる。
  • 2002 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    石畳に木漏れ日が射し込み、しっとりとした雰囲気が、和風テイストをも感じさせる。右側の樹木は、カラタネオガタマあ甘い香りが庭中に漂っていました。
  • 2002 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    ダークグリーンに塗られたウッドフェンスには、ブドウが絡ませてあり、手を伸ばして摘まむことができる。他に、ブルーベリーやジュンベリー等が植えてあり、食することができます。
  • 2002 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    レンガで造られた壁泉。水が滴り落ち、音で心を和ませてくれます。ベニバスモモとメギは、レンガと色を揃えました。
  • 2002 ナゴヤフラワーショー 12人の庭
    アーチに刳り貫かれた飾り窓には、クレマチスが植えてあり、成長しアーチを覆ってくれるのが楽しみです。

ページの先頭に戻る